不動産の面積を表す単位

不動産評価においては一般に面積の単位としてm2が用いられ、一方、不動産売買における土地の販売や仲介等では一般に坪が用いられます。
また、これらの他にも、畳やha等の単位があります。

これらの単位の変換数値は以下のようになります。

  • 1坪≒3.305785m2(1m2≒0.3025坪)
  • 1畳≒1.6562m2(中京間)
  • 1a(アール)=100m2
  • 1ha(ヘクタール)=10,000m2
  • 一町≒9917.36m2

なお、都道府県地価調査における林地評価に当っては面積単位としてa(アール)が用いられています。

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top