不動産の権利をあらわす書類について

不動産登記簿謄本(登記事項証明書)とは

不動産登記簿謄本とは、土地や建物の不動産に関する権利関係等の状況(登記事項)を公に示した帳簿(不動産登記簿)をそのまま写した文書をいいます。

現在では、登記事務がコンピュータ処理されているため、その内容を用紙に印刷したものである、登記事項証明書により、登記事項が証明されています。

登記事項証明書の表題部には、不動産の所在、地番、地目、地積、家屋番号、種類、床面積等が記載され、権利部甲区には所有権に関する事項が、権利部乙区には所有権以外の権利事項である抵当権、根抵当権、地上権等の情報が記載されています。

共同担保目録とは

共同担保目録とは、同一債権の担保として複数の不動産に設定された抵当権(これを共同抵当又は共同担保という)について、当該抵当権の設定登記を申請するときに添付すべき不動産の目録をいいます。

共同担保目録には、共同担保関係にある不動産の表示、抵当権者、抵当権設定者等が記載されています。

信託目録とは

信託目録とは、不動産信託契約のうち、不動産登記法で定められた信託の内容(受益者等の氏名や信託目的等)が記載された目録をいい、信託登記を行う際には必ず信託目録を添付することが必要となります。

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top