FGKコラム

2014/10/17不動産コラム
今日は何の日?

こんばんは

久しぶりのブログ更新となりました。台風が過ぎた後はいい天気が続いていますね。
さて、先ほど知ったのですが今日は26年度不動産鑑定士試験の合格発表日だったそうです。
合格された方は、おめでとうございました。

国土交通省ホームページ

国土交通省のホームページをみると例年のごとく世代別の受験者数や合格率などが載っていますが、受験者数が745名に対し、84名の方が合格されたようです。受験者数の減少はとまらないですね。
ちなみに過去5年間の受験者数等の推移は以下のようになっています。
鑑定士試験 受験者数等の推移

受験者の減少率は徐々に減ってきていますが相変わらず高い変動率となっています。このペースだと来年の受験者数は700人くらいでしょうか?最終的に受験者600人前後、合格者60~70人くらいで落ち着くのではないかと。二次試験とはいえ受験者数が600人というのは寂しい数字ですね。受験者の減少は鑑定業界にとってメリット・デメリットがあるかと思いますが、長期でみるとデメリットが大きいかと思います。

ホームページには今年度の試験問題も載っていたのでちらっとみましたが、鑑定理論では、実務的な観点や不動産市場における時事的なものが問われていたりしていて、特に実務経験のない学生の方などにとっては難しいのではないかと思いました。毎年こんな感じの問題が多いみたいですけどね。

Permanent Link前の記事次の記事2014年10月の記事一覧

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top