FGKコラム

2014/04/28不動産コラム
投資用不動産(ワンルームマンション)の選ぶ際のポイント

さて、今回は投資用不動産(ワンルームマンション)の選ぶ際のポイントについて、不動産鑑定の立場から書いてみます。
第1回目のテーマは『土地の立地条件』です。

マンションの1室を購入するとしても、土地の立地条件は重要です。
立地条件の善し悪しについてどのようなポイントがあるかを簡単に述べてみます。

① 駅からの距離

特に都心に近い場所では主な交通手段として電車が利用されるため重視されるポイントです。
この場合、道路距離80m=1分で計算します。数分違えば、競合物件との優劣が大きく変わる
こともあり得えます。不動産会社の広告にも載せられていますが、グーグルマップでも
おおよその距離が(駅に限らず)出ますので試してみて下さい。
 
 ② 周辺状況

マンション周辺の街の雰囲気であったり、家の近くや駅の周辺にスーパーやコンビニが
あるかどうかなど、居住環境や生活する際の利便性は借りる際に重要なポイントになります。
一方、近くに線路が通っていると、騒音や振動が気になりそうですし、家の後ろが墓地だと
人によってはお化けが気になって気が休まらない、なんてこともあるかもしれません。
なんとなく街が雑然としていて不衛生な感じとか、イメージも大事になります。

③ 方位、角地

方位については、マンションの一室の場合には部屋の窓の方位が重要ですので、
土地の方位はほとんど関係ありません。
角地についても直接的には、あまり重要とはなりません。

Permanent Link前の記事次の記事2014年04月の記事一覧

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top