FGKコラム

2014/04/25不動産コラム
不動産の価値を上げる方法(3)

このコラムでは、不動産の価値を上げる方法について、不動産鑑定の立場から書いてみます。
第3回目のテーマは「空室率を下げる」です。

空室率を下げる

① 周辺の適正賃料を見極める
   区分所有マンションの場合、空室率はゼロか100%となります。
   賃貸の場合、比較的引っ越しが容易なため、入居者の入れ替えは当然に起こるものです。
   その際、気をつけておきたいのが適正賃料を把握することです。
   安易に前回と同条件で賃貸募集をかけると周辺と比較して割高になっている可能性があり、
   空室期間が長くなってしまうことがあります。
 
② 賃貸条件を見直す
   敷金・礼金ゼロ、フリーレントなどで賃料自体を下げずに客付けを良くします。

③ 広告宣伝料を支払う
   業者に広告料を支払い、優先的に客付してもらいます。

④ 賃貸委託業者を選定する
   賃貸募集を委託している場合には、委託業者の選定も重要になります。
   各物件にあった提案をしてくれたり、客付能力の高い業者が良いのは当たり前ですが、
   なかなか全てが思い通りにいくことは少ないと思います。
   委託にかかる費用やサービスの内容の他、
   ご自身と担当の方との相性なんかも重要になるのではないでしょうか。

Permanent Link前の記事次の記事2014年04月の記事一覧

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top