FGKコラム

2014/04/23不動産コラム
不動産の価値を上げる方法(1)

このコラムでは、不動産の価値を上げる方法について、不動産鑑定の立場から書いてみます。
第1回目のテーマは「賃料を上げる」です。

賃料を上げる方法

① 初期費用・負担を抑える。
    敷金・礼金・更新料等を極力少なく(又はゼロ)として、
    初期費用を抑えることで月々の賃料に転嫁します。
    保証会社への加入や連帯保証人をつけないかわりに賃料に反映させます。

② 不動産仲介会社に広告料を支払う。
    賃貸募集に際して、不動産仲介会社にお金を支払って自己物件を優先的に
    扱ってもらえるようにします。
    まめに連絡を取り合いお互いに柔軟に対応できるような信頼関係を築いておくことも
    重要です。

③ 内装にこだわる
    内覧にきたお客様に好印象をもってもらえるようなカーテンや小物、家具等を配置し、
    競合物件との差別化をはかります。
    管理会社によって様々な提案をしてくれる会社もあります。

④ 付加条件をつける
    ペット可、楽器可、家具付き、インターネット接続無料等を賃料に転嫁させます。
    細かい条件などは管理組合にも積極的に意見を反映してもらえるよう取り組みます。

⑤ リノベーションする
    建物が古くなってくると築浅の競合物件と比較すると
    どうしても賃料水準が低くなりがちです。
    また時の経過により建物が老朽化するだけでなく、社会情勢やライフスタイルが変化し、
    現在の地域的な需要と一致しなくなってくることも多いです。
    このような場合には、例えば、2DKの間取りを1LDKにする等リノベーションすることで、
    競争力を保ちます。

Permanent Link前の記事次の記事2014年04月の記事一覧

TEL:03-6456-4850(平日9:30-17:30) 不動産鑑定・土地評価に関するお問い合わせはお気軽に。平日夜・土日はお問い合わせフォームより受け付けます。

Page Top